最近デリケートゾーンの臭いで悩んでいます(*_*;

30歳を過ぎた頃から、一年に何回かデリケートゾーンの匂いがキツイ時期があるんですね。

なんかの病気なんじゃないかと心配になるのですが、しばらくするとなくなっているという感じです。

その期間はおりもの用ナプキンは必須で、もし付け忘れると周囲に気付かれているのではないかと思えるレベルのなんとも言えない匂いがします。

ネットで調べてみると同じ悩みを持つ人がいるらしく大抵は体調やホルモンバランスの乱れで片付けられています。

子宮ガンなど重大な病気が潜んでいる場合には、もっと強烈な匂いがあるらしく、おりものの色も濃いようです。

病気でないのに越したことはないのですが、原因が特にないとすると対処しようもなく、不快感と他の人に気付かれたらどうしようという心配ばかりが募ります。

トイレも、自分の後に入る人に不快な思いをさせるのではないかと思い、他の家で借りるのを躊躇してしまいます。

率直なところ匂いのせいで結婚も難しいのではないかと不安になることも。。。

自分自身が匂いに敏感で他人の体臭や口臭に我慢できないからです。
自分の発している匂いは到底我慢できるレベルではありません。

体臭や口臭と違って、場所が場所だけに予防や治療アイテムの情報が乏しいのも困ります。

事実デリケートゾーンのかゆみやムレに有効なクリームのCMが出たのも、ここ10年くらいではないでしょうか?

しかし、おりもののそのものの匂いを改善するための医薬品はまだまだ少ないようですね。

今はネットで調べてイビサソープ使用しています。
イビサソープ 医薬部外品なのでデリケートゾーンの臭いやかゆみなどの有効成分がうたわれていて安心。
薬用イビサソープ、今一番安心して使用できるデリケートゾーンケアアイテムです(^^♪

もう少しこの分野での研究が進んで、手軽に薬局でも手に入れられる医薬品がたくさん開発されればいいですね。

消臭効果の強いおりもの用ナプキンとかを開発すればかなり売れるのではないかと思いますよ。

私のように人知れず悩んでいる女性はたくさんいるはずですから。

気分転換に海外旅行に行きたいな。。。。


コメントの入力は終了しました。