脱毛の季節がやってきました~!

夏が来ましたねー!毎日とっても暑いですね!

 

いよいよ夏だなあと日々感じています。

 

暑い季節は、べたべたと汗をかいてしまうのが嫌だけれど、肩や腕や脚やウエストや、日頃隠れがちな部分を露出するファッションを楽しめる口実になります。

 

それが「暑さ」!日本の四季の醍醐味ですよね♪

 

スタイルに自信がない私でも、真夏はなんだか開放的な気分になってしまって、「えーい!脱いじゃえ!披露しちゃえ!」というテンションになってしまいます。

 

でも、どうしてでしょうか、ふにふにのお腹のお肉やたるんだ二の腕は「無視しよう」「忘れよう」「気にしないでおこう」と思えても、ムダ毛の処理は妥協できない自分がいます。

 

なぜでしょうね?

 

ビキニからぷにんっとはみ出てしまう脂肪より、理想から遠く離れたくびれのラインより、二の腕裏側の小さなスペースのムダ毛の方が気になってしまいます。

恥ずかしい!いたたまれない!という気分になってしまう。

 

いっそムダ毛は駆逐してしまおう!自分ではできないから人にお願いしよう!と、夏を楽しむために脱毛サロンに通う決意をしましたが、「ムダ毛を見られる恥ずかしさ」「地肌をさらす恥ずかしさ」は克服できず、脱毛サロンに行くたびにおどおど・・・もたもた・・・。

 

言われる通りの姿勢やポーズができずに焦り、優しく尋ねられる質問にもまともに答えられなくてテンパり、声が出なくなる。

 

サロンのスタッフさんたちを、さぞいらいらさせてしまったかと反省しています。

 

そんなに毛深い体質ではないし、インドアで日焼けしない分、肌が年中白っぽい私。体毛も薄い方ですが、ムダ毛処理を怠ると一気に目立ってしまいます。

 

お肌のお手入れは必須項目。でも、なかなか理想の脱毛方に巡り会えず、季節は進むばかり。

 

そろそろまた脱毛にいかなくては。友人からは東京や大阪ではレジーナクリニックが安くて評判がいいとのことです。

 

レジーナクリニック?聞いたことがなかったの近くにあるか調べてみました。

 

レジーナクリニック 福岡院“で検索してみると近々福岡 天神にもオープンするとのことです。近いのでチャレンジしてみるつもりです。

 

やっぱり夏はムダ毛が気になりますよね


松居一代さんに何があったの?

数日前からTwitterでもトレンド入りしていた松居一代さん。言わずと知れた「松井棒」のおばさんです。

船越英一郎さんと再婚した時にも大騒ぎになり、離婚では?と毎年の恒例行事のように騒がれて、もうそんな刺激には慣れっこになっている視聴者も今回ばかりは驚きを隠せないでしょう(*_*;

事の発端は松居一代さんのブログでした。見てみるとメンヘラ臭がプンプンしちゃう文字の大きさ、文字の色(;´・ω・)

ブログの読者を「家族」と呼び旦那を「昔愛していた人」扱いして「助けて」を連呼しています。

ちょっとしたホラーです。

何がホラーって、何があったのかが全然はっきりしないからです。

昨日はついにユーチューバー松居一代が誕生\(^_^)/

Twitterでも大騒ぎ!(いったいいつまでトレンド入りするんでしょう?)

数分の動画と15分くらいの動画がアップされましたが、正直全部見れませんでした。

だって、怖いんですもの。

一人舞台、独演会とでもいうのでしょうか。

ワイドショーでもコメントに困る人が多発してましたね((´∀`*))

だって、変なこと言ったら次に訴えられるターゲットにされますしね。

いったい何があったのかをフィリップにまとめられてました。

でも、何が言いたいのか私には理解できませんね(-_-;)

上沼恵美子さんが侮辱したから訴える準備をし、尾行されている人から逃げ回り、テレビ番組の収録には参加。

移動手段や駅での写真、買った靴の店の場所はブログにアップされています。

ブログを3日アップしなかったら警察に連絡して欲しいとも書いています。

事務所で寝泊まりすればいいのにと思ってしまいます。

しかしミヤネ屋で、全容が見えてきましたね。

船越英一郎さんが離婚調停を申し立てていて、松井さんは代理人の弁護士さんとの連絡も無視しているとか。

で、強行突破しようとしているところに船越英一郎の不利になる情報を垂れ流す。

そんなところでしょうか( 一一)

船越英一郎さんが、無事に離婚できるように願うのは一般市民の義務に感じてしまうほど同情します。

 

 

 


鼻の毛穴の黒ずみには気をつかってます!

美容には気を付けて肌は比較的綺麗なほうですが自分ではどうにもすることができず悩んでいるのが鼻の毛穴の黒ずみ(*_*;

 

日焼けは若い時からできるだけしないように気を付け毎日のスキンケアも丁寧に行ってきましたがかなり前から鼻の黒ずみは目立ち現在も対処できずない状態なんです。。。

 

昔から悩んでいただけに鼻パックや毛穴の黒ずみを溶かし洗い流す洗顔料など、口コミサイトを参考に様々な毛穴の黒ずみ対策商品を使用してきましたが、鼻の毛穴の黒ずみはなくなることなく歳をとるにつれて目立つようになって・・・・

 

とにかくこれ以上、毛穴の黒ずみが目立ち、悪化しないようにいつも行う丁寧なスキンケアを鼻の毛穴部分だけはより丁寧にお手入れするようにしてるんですよ。

 

クレンジングは肌に優しく刺激がないタイプのクレンジングを使用しぬるま湯で洗い流しています

 

最近使用しているのは、フィトリフト ホットクレンジングジェル。
フィトリフト ホットクレンジング 口コミも良いし、新発売されたばかりなので気になって購入。

 

マナラホットクレンジングゲルと同じ温感クレンジングですが、フィトリフトの方が私の肌にあってる気が。毛穴黒ずみ効果も高いですね。

 

時間があるときには毛穴の汚れが少しでもなくなるようにクレンジングの後にオイルマッサージをして毛穴の黒ずみ対策をしています

 

乾燥肌なのであまり刺激の強いスキンケアはできませんが少しでも鼻の毛穴が綺麗になるようにこれからもしっかりケアしていかなければ(^^♪

 

今日は奮発してハンバーグをランチに頂きました。

 

 

 

 


最近デリケートゾーンの臭いで悩んでいます(*_*;

30歳を過ぎた頃から、一年に何回かデリケートゾーンの匂いがキツイ時期があるんですね。

 

なんかの病気なんじゃないかと心配になるのですが、しばらくするとなくなっているという感じです。

 

その期間はおりもの用ナプキンは必須で、もし付け忘れると周囲に気付かれているのではないかと思えるレベルのなんとも言えない匂いがします。

 

ネットで調べてみると同じ悩みを持つ人がいるらしく大抵は体調やホルモンバランスの乱れで片付けられています。

 

子宮ガンなど重大な病気が潜んでいる場合には、もっと強烈な匂いがあるらしく、おりものの色も濃いようです。

 

病気でないのに越したことはないのですが、原因が特にないとすると対処しようもなく、不快感と他の人に気付かれたらどうしようという心配ばかりが募ります。

 

トイレも、自分の後に入る人に不快な思いをさせるのではないかと思い、他の家で借りるのを躊躇してしまいます。

 

率直なところ匂いのせいで結婚も難しいのではないかと不安になることも。。。

 

自分自身が匂いに敏感で他人の体臭や口臭に我慢できないからです。
自分の発している匂いは到底我慢できるレベルではありません。

 

体臭や口臭と違って、場所が場所だけに予防や治療アイテムの情報が乏しいのも困ります。

 

事実デリケートゾーンのかゆみやムレに有効なクリームのCMが出たのも、ここ10年くらいではないでしょうか?

 

しかし、おりもののそのものの匂いを改善するための医薬品はまだまだ少ないようですね。

 

今はネットで調べてイビサソープ使用しています。
イビサソープ 医薬部外品なのでデリケートゾーンの臭いやかゆみなどの有効成分がうたわれていて安心。
薬用イビサソープ、今一番安心して使用できるデリケートゾーンケアアイテムです(^^♪

 

もう少しこの分野での研究が進んで、手軽に薬局でも手に入れられる医薬品がたくさん開発されればいいですね。

 

消臭効果の強いおりもの用ナプキンとかを開発すればかなり売れるのではないかと思いますよ。

 

私のように人知れず悩んでいる女性はたくさんいるはずですから。

 

気分転換に海外旅行に行きたいな。。。。

 

 

 


blog始めました。。。まずは趣味♪

私は30代の独身女性です。仕事は歌手をやってまいした♪
ドイツで一人暮らしをして3年、ようやく馴染んだころに訳あって日本に帰国(*_*;
本当はまだまだドイツで暮らしたかったんだけど・・・

 

くよくよしても仕方ないので心機一転ブログ始めました(^-^;
初投稿は趣味について。。。

 

私の趣味は旅行です!
ヨーロッパに住んでいると国と国の距離がとても近いので、国内旅行の感覚でいろいろなところへ行くことができます。
しかも格安の航空会社がいくつもあって、その値段とサービスを競い合っているので、旅にかかる費用も最低限に抑えることができます(^^♪

 

ドイツに住んでたときは、日照時間が短いことへのフラストレーションが溜まりまくり、
「南国に行きたいっ!!」
と叫びだしそうなほどにヴァカンスに出かけたくなることが多々ありました(;_:)
そのため、ここ数年の夏休みに訪れるのはもっぱら海の美しい南の島や町ばかりwww

 

南フランスのコート・ダジュールや南イタリアのシチリア島のさらに離島、同じく南イタリアはプーリア州のアドレア海に面した小都市、北イタリアのチンクエ・テッレや映画で有名になったアマルフィ海岸など、本当にたくさんの海を渡り歩いてきました(*^▽^*)

 

独身な上パートナーもいない私には、付き合ってくれる友人の存在がとても有難いものです…
日本からもはるばる長いフライトを耐えやってきてくれる友人たちにただただ感謝!

 

旅程を組むのも楽しみのうちです。いかに安く、しかし効率的に快適に、そして楽しく旅行するかは私の采配にかかっています。これまで培ってきた語学力を生かして、ドイツ語、イタリア語、フランス語でネット検索をして情報を集めます( ..)φメモメモ

 

素敵なパノラマ、美味しいご飯、世界遺産、等々、旅行を楽しむには事前の情報収集が命です!

 

現地の人しか行かないような、日本ではほとんど知られていない穴場スポットを訪れるのが、醍醐味なのです(^_-)-☆

 

最近は危険な地域もたくさんあるので、事前に正確な情報をチェックするのがとても大切です!

 

みなさんも気を付けて海外旅行楽しんでね(^^♪